ワンランク上のコピック塗り

アナログで図を描く人間なら一度は興味を持ったことがあるコピック!
今日はそのワンランク上(に言える)塗り方をお指導立ち向かう!

最近ご紹介するのは滲み。
滲みって便利ですよね。予め衣料や表皮を附けるときに使う人もいるとは思いますが、程度や色調によっては見方やエフェクトにもなります。こうした滲みをちょい大胆に使ってみましょう。

用意するものは当然コピック
ですが最近絶対に用意して待ち望むのが、0番。透明のインクのそれですね。
他は何色調を用意しても構いませんが、0番だけは用意しておいてください。
他には好きな色調のコピック、ティッシュ、ひな型系の下敷き(色調写りしても嬉しい品物)を用意してください。

では始めましょう。
それでは0番を通じて、見せたい近辺を塗っておきます。今回は●の容姿を作ってみましょう。もしひとなど見せたくないものの近くに描く場合は、このときに塗り付ける射程をちょい狭めておきます。

次はその●の中心に、好きな色調で描きたいがたいの半ばほどの●を描きます。どうして半ばほどなのかというと、滲ませるときに頂点1cmほど色調が延びるからだ。その分色調が低くもなりますので、慣れてきたら見せ構図を多々試してみましょう。

では最後に小さな●の中からエクステリアにわたって、0番でドローといった見せていきます。極力むらにならない系統好きなだけ見せたら発展です!
そういった具合、外側から大体にわたって見せていくと、殆どが濃くエクステリアがいっぺんに薄くなります。これはこれで綺麗なので、使い分けてみると面白いかもしれません。

身は青繋がりを滲ませるのが好きなのですが、ピンク繋がりを滲ませると甘い実情になり、オレンジ繋がりだと元気な感じになりますね。皆さんも何はなくとも試してみてください。http://神秘の健康力の口コミ.com/